ほとんどの方が葬儀に参列された経験があると思います。
今までお世話になった方が亡くなられる…本当に悲しいですし、できることならそういった状況を迎えたくはありませんよね。
これはみなさんが思われていることだと思います。
しかし、人間が生きている以上、必ず死という結末が待っています。
そして、その死を迎えた時に残された遺族が故人の為に行う事を葬儀といいます。
他の呼び方としては、お葬式などがありますね。
正式には葬儀式といい、亡くなられた方の冥福を祈り、別れを告げる儀式のことです。
そして、葬儀が終わったとは火葬が行われて墓石を建てるというのが日本では一般的ですよね。
先日、私の親戚が亡くなり、お葬式に参列しました。
その時も火葬が行われ、今では立派な墓石が建てられています。

こうした流れというのは、あまり経験するものではないですし、いざ葬儀を行う際にはどういった準備が必要なのか、また火葬を行ったほうがいいのか、はたまた土葬を行ったほうがいいのかわからないという方もたくさんいらっしゃると思います。
火葬や土葬をした後も、墓石はいつ建てたほうが良いのか、そしてどれくらいの大きさの墓石を建てるのがいいのかなど、その時になって始めて経験することが多いはずです。
ですので、ここではそんな急な出来事がいつ起きてもいいように、葬儀について様々なことを私なりに調べておきましたので、ぜひとも参考にしていただければと思います。

OUT LINK

大阪で葬儀をするなら/Pure Heart24
埼玉での葬儀をお考えなら「武蔵野 心愛セレモニー」
葬儀を横浜でするならこちらがオススメ|木場葬祭鶴見sorrowホール